腫瘍滲出液に対するMohs亜鉛華軟膏の有用性の論文について

当方オリジナルのMohsペーストによる症例報告を9年前(2009年12月)に発表しましたが、製法として乳化のための機械等が必要になりますので、より簡単に、亜鉛華単軟膏と混錬し手作りできる方法を、その後201012月に当方のHPでご紹介いたしました。それを基に、一昨年腫瘍滲出液に対するMohs亜鉛華軟膏の有用性として独立行政法人国立病院機構 鹿児島医療センター 薬剤部の先生方が、様々な製剤の研究をされたうえで、臨床で使用し、より良い結果がでたことを発表されている論文をご紹介いたします。(床ずれ研究会資料集参照)不肖私のことも紹介されております。

同センターの先生方もMohs亜鉛華軟膏の市販を待ち望んでいるとおっしゃってますが、その趣旨である「油中水型基剤のMohsクリーム」の使命である、醜い表在性固形癌を持つ患者さんのQOL向上と治癒に向けて、その上市のための現実的なハードル(資金面や製薬メーカーの理解と協力など)を越えて行けることが、悲願であります。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    才津 恵 (04/08)
  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    高橋みえこ (01/24)
  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    山田 恵子 (01/07)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM