千葉大学院生の修士論文に共同研究の内容が発表されました。

 千葉大学理学部自然科学研究科 物質高次科学専攻物質化学講座 大学院生の金子拓真氏の修士論文にて、当NPO法人との共同研究テーマであった、ポビドンヨードの電子構造の解析法について論文形式で発表されました。
 この研究は、科学技術振興機構(JST)の産学連携により、千葉大学企画総務部産学連携課と千葉県商工労働部産業振興課のお取り計らいにより、同大学理学部化学科量子化学研究室(藤川研究室、准教授になられた小西健久先生は当NPOの顧問)と民間である当NPOとの共同研究として数年来進められてきたものであり、これらの知見が製品開発に役立つまであと一歩となったと考えています。因みにこの解析法では、金子氏は当方で開発した褥瘡に用いるポビドンヨード製剤の特殊な剤型が、既存品よりもヨウ素の性質を維持し、より優れたものであると言っております。資料集に論文を掲載しております。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    才津 恵 (04/08)
  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    高橋みえこ (01/24)
  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    山田 恵子 (01/07)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM