社)かながわ福祉サービス振興会主催の講演会で講演を行いました。

 

社団法人かながわ福祉サービス振興会主催の講演会で講演を行いました。

横浜市内で看護や介護に従事する方々を対象に、福祉保健研修交流センターウィリング横浜にて「高齢者の皮膚疾患」「褥瘡管理予防を中心に」と題して、講演会を行いました。久保忠一の過去数年間に渡る床ずれや皮膚疾患についての経験や研究成果を系統立てて講演いたしました。

 

高齢者の皮膚疾患では、皮膚は外側から表皮、真皮、脂肪層の3 層から出来ており、若い頃には丈夫で健やかな状態を保っていが加齢とともにいずれの層も薄くなり、皮膚が本来持っている機能も低下してくる。一番外側にある表皮には、外界からの刺激物質の侵入を防ぎ、体内からの水分蒸発を防ぐ機能があるが、表皮が薄くなることでこの機能も低下する。そのため、年齢とともに皮膚は弾力を失い、乾燥しがちになるほか、刺激物質が侵入しやすくなるので、保湿の重要性を中心に、皮膚掻痒症、乾皮症からあせも、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、白癬・カンジダ、毛嚢炎、ヘルペス、蜂窩織炎から疥癬、尖圭コンジローマ、皮膚がんなどに至るまで、実例を示しながら講演いたしました。

また、褥瘡の保存療法で究極的に大事なものは、薬や被覆材の選択以前に、必要な時にデブリができるかどうか。次に日々の洗浄がきちんとできるか。そして、何よりも良いエアマットを使って体圧分散ができるか、ズレ力回避を意識した介護をして、褥瘡を作らない努力をすることが何よりも重要であるという結論を導きました。

ご参加いただいた受講生の皆様にとって有意義なセミナーであったことを期待いたします。また、デモンストレーション等で講演に際し協力いただいた株式会社モルテンに感謝いたします。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    才津 恵 (04/08)
  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    高橋みえこ (01/24)
  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    山田 恵子 (01/07)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM