床ずれ研究会総会が開かれました

 6月25日床ずれ研究会事務局において、21年度総会が開かれました。会員及び協賛企業、関連研究機関、行政関係の方合わせて9人が参加いたしました。
 三宝製薬株式会社、玉川衛材株式会社のそれぞれ代表と千葉工業大学生命環境科学科教授も参加し、千葉県と房総地域に合い、社会のニーズにも応えられるこれからの商品開発(保湿クリームはすでに商品化したが、中途である床ずれ治療医薬品の改良品開発の完結と、表在性腫瘍除去のための保存的治療薬の開発、千葉県の地下資源である天然ヨウ素と海産物成分を用いた創傷火傷治療材料の実用化(千葉工大にて開発))について斬新な討論が行われました。一方、鴨川市健康推進課の職員も参加され、今後高齢化がますます進む鴨川にあって、当NPOの啓蒙活動などの具体的役割の実践と、鴨川市にある施設を用いた実践的あるいは学術的集会の開催による医療介護を中心としたよりアカデミックで観光にも寄与できるまちづくりについても意見交換がなされました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    才津 恵 (04/08)
  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    高橋みえこ (01/24)
  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    山田 恵子 (01/07)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM