空き農地を利用した野菜づくりによる地域高齢者と子供達との交流の場

 床ずれ研究会代表久保親族所有の畑は、最近耕作することなく、一部鴨川市立東条小学校幼稚園の子供達が野外学習の一環としてさつまいもの栽培を行ってきましたが、今年から久保が鴨川市社会福祉協議会にも呼び掛け地域高齢者の方の生きがい作りと地域活性化を目的に参加を募りました。
今年は、春のさつまいもの苗植えから、途中の草取り、水やりなどを経て秋の収穫、そして最後に料理して食べる段階までほぼ地域の方々の参加をいただきました。地域の方々が子供に農業を教えたりしながら一緒に作業することによって、生き甲斐のある経験となっていただいたことと共に、子供たちにとっても、田舎でも核家族化が進む昨今、おじいちゃんおばあちゃんあるいは地域のおじさんおばさんと触れ合うことにより教育にも貢献でき、とても良かったと思っております。
今後も多くの方々に参加いただきたいと思っております。
また、今年からさつまいもの他にピーナッツの栽培も始めました。
写真は、地域の方々の協力によりふかしいもを子供達と食べるところです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    才津 恵 (04/08)
  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    高橋みえこ (01/24)
  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    山田 恵子 (01/07)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM