またしても切断阻止

またしても切断阻止。

某療養型病院で、外傷性潰瘍の寝たきりの方ですが、切断やむなしで、関係者に連絡をとろうも、身寄りのない方で、途方に暮れていたのですが、ダメもとで当方が開発し、院内製剤した新型白糖ポビドンヨードを塗布したところ、1か月程度で完治。亀田皮膚科医も唖然でした。


エビハラ病院皮膚科(褥瘡)回診

毎月土曜日の午後2回は、亀田病院皮膚科医によるエビハラ病棟の皮膚科回診で、同行いたします。それにしても、手前味噌ですが、エビハラ院内製剤のイソジンシュガー(ポビドンヨードシュガー)は万能薬のようで、褥瘡、潰瘍はもちろん、水泡の破れた類天疱瘡などにも有用です。左上の先生の頭の上で看護師がメロリンの上にイソジンシュガーを用意しています。


エビハラ病院にて褥瘡と薬剤の勉強会開催

9月29日エビハラ病院にて、看護師とヘルパー向けに褥瘡と薬剤の勉強会を開催いたしました。


鴨川市公益活動支援基金が設立され、NPO法人床ずれ研究会が対象の登録法人に指定されております。

寄付を市を通してご寄附頂ければ、寄付控除の対象となりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。             「鴨川市公益活動支援基金」とは、特定非営利活動法人等の公益的法人が行う教育の振興、文化の向上、社会福祉への貢献その他公益の増進に著しく寄与する活動(以下「公益活動」という。)を支援し、本市における公益活動のより一層の推進と活性化を図る目的で、市民や企業の皆さんからの寄附金と市の拠出金を原資に創設する基金です。


熊本地震被災地を訪問いたしました

  4月21日、私が代表を務めるNPO法人床ずれ研究会として熊本市役所に持参した援助物資です(使い捨て手袋、マスク、消毒液、
うがい薬、使い捨て食器や箸・スプーンフォーク、サランラップ、歯磨き歯ブラシ、ポリデント、爪切り、ウエットティッシュー、タオル)。特に一般では売られているものの、常時汎用ではない、医療介護用使い捨ての手袋は、長期戦となる避難生活にとって、感染症対策のために最も大事なものと思います。市役所に持参した物資の一部
続きを読む >>

| 1/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    才津 恵 (04/08)
  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    高橋みえこ (01/24)
  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    山田 恵子 (01/07)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM