腫瘍滲出液に対するMohs亜鉛華軟膏の有用性の論文について

当方オリジナルのMohsペーストによる症例報告を9年前(2009年12月)に発表しましたが、製法として乳化のための機械等が必要になりますので、より簡単に、亜鉛華単軟膏と混錬し手作りできる方法を、その後201012月に当方のHPでご紹介いたしました。それを基に、一昨年腫瘍滲出液に対するMohs亜鉛華軟膏の有用性として独立行政法人国立病院機構 鹿児島医療センター 薬剤部の先生方が、様々な製剤の研究をされたうえで、臨床で使用し、より良い結果がでたことを発表されている論文をご紹介いたします。(床ずれ研究会資料集参照)不肖私のことも紹介されております。


Mohsペーストの件で当HPにご訪問して下さる方が多いことに感謝申し上げます。

活動ログ2009年12月の記事で、まず、「その作用機序は主成分塩化亜鉛の亜鉛イオンによるたんぱく質への結合による沈殿である。」という点で、ふと思ったことがあります。


第21回ヨウ素学会に参加しました。

9月14日千葉大学で開かれた第21回ヨウ素学会に参加し、2年ぶりに大阪大学工学部名誉教授謀直融粟萓犬砲会いしました。

学会と産業界のリードで、ヨードの産地千葉県で早21回目の開催となりました。


エビハラ病院皮膚科(褥瘡)回診

毎月土曜日の午後2回は、亀田病院皮膚科医によるエビハラ病棟の皮膚科回診で、同行いたします。それにしても、手前味噌ですが、エビハラ院内製剤のイソジンシュガー(ポビドンヨードシュガー)は万能薬のようで、褥瘡、潰瘍はもちろん、水泡の破れた類天疱瘡などにも有用です。左上の先生の頭の上で看護師がメロリンの上にイソジンシュガーを用意しています。


医療用保湿剤の美容目的使用

産経ニュースからの引用です。
アトピー性皮膚炎などの治療に使う医療用保湿剤の美容目的使用が横行していることが、関係者への取材で分かった。「高額な美容クリームより効果がある」と女性間に広がり、化粧品を購入する感覚で病院を訪れ、乾燥肌などと訴えて処方を受けるケースが後を絶たないという。

続きを読む >>

| 1/15PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    才津 恵 (04/08)
  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    高橋みえこ (01/24)
  • Mohsペーストのより安全な使用方法について情報を提供いたします
    山田 恵子 (01/07)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM